看護師の体の疲れ

世の中には、思い描いていた仕事とはほど遠いと感じている看護師もいると思います。毎日仕事に追われ、体がぼろぼろの状態になっている方も多いでしょう。特に、入院病棟を担当している看護師は勤務時間が不規則なので、体調管理が難しいと感じているかもしれません。そこで、看護師の体の疲れについての話をしていきます。
看護師は、勤務先によって交替制のところもあります。また、深刻な人手不足が問題になっているところも多いので、そのような職場では忙しい毎日に追われていることでしょう。時には夜勤が続くこともあり、仕事以外何もできないという看護師もいるようです。こういった看護師のほとんどは、何らかの体の不調を訴えています。不規則な勤務で睡眠バランスが悪く、体の疲れが取れないというのが現状です。また、十分な睡眠が取れないせいで肌がボロボロになったという悩みを抱えている看護師もいます。忙しくてバランスのとれた食事をするのが難しいという看護師もおり、その結果体調不良を起こしてしまっているようです。人の看護をする立場である看護師が、仕事のせいで体調を崩してしまっては元も子もありません。もしこういった状態になっているのであれば、我慢や無理をせずに転職を考えることも必要でしょう。看護師も体が資本なので、努力しても体調管理が出来ない職場であれば転職もやむ負えないでしょう。
看護師は体に疲れを感じている場合が多く、体調不良を起こしやすいのです。患者さんに対してよりよい看護をするためにも、元気な状態でいることが一番理想といえます。そのためには、職場環境の見直しも大切です。辛いと感じている方は、まず自分の体を一番に考えてみてください。関連サイト◇病院は社交場~心のリハビリ相談窓口~

2016年7月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カテゴリー
タグ
最近のコメント