疲れた時にはリフレッシュ

看護師の中には、仕事に没頭している方がたくさんいます。家に帰ってからも勉強をしたり、常に患者さんのことを考えている方も多いでしょう。看護師という仕事は命に関わる仕事でもあるので、こういった向き合い方はとても大切です。しかし、これでは自分が疲れてしまい、看護に没頭することが出来なくなってしまうこともあります。看護師のリフレッシュ方法には、どのようなものがあるのでしょうか。
誰だって、仕事で疲れてしまうことはあると思います。看護師は次から次へと新しい患者さんを迎えることになるので、休む暇がないケースもあるようです。しかし、休まずに仕事を続けていると、自分が体を壊してしまうことになります。これでは、せっかく身に付けた看護技術が発揮出来なくなってしまいます。自分が看護される側になってしまっては、元も子もありません。そのため、疲れたと感じた時には意識的にリフレッシュをして、心も体もリセットしていくことをおすすめします。時には、患者さんが亡くなりショックを受けることもあるでしょう。こんな時はミスをしてしまう可能性が大きくなるため、思い切って休みを取って気持ちをリセットすることが大切です。患者さんを思うのはとても大切なことですが、他の患者さんの為にはなりません。看護師として仕事をするのであれば、一人一人の患者さんと向き合っていかなくてはいけないのです。そのため、その都度リセットを心がけることが必要となります。
疲れたままの状態で仕事をしてしまうと他の患者さんの迷惑にもなり、ミスを起こしてしまうこともあります。命に関わる様なミスをしてしまえば、取り返しがつかないことになってしまいます。そうならないためには、しっかりとリフレッシュをして、気持ちを入れ替えていくことが重要なのです。

2017年5月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
カテゴリー
タグ
最近のコメント